ホーム > ウエモンのよもやま話
オンラインショップ

十二代目 宇右衛門の廣瀬文彦が語る ウエモンのよもやま話

2019年5月 7日(火) 16:30

今日のなつぞら

なつぞらが始まりもう6週のしかも2日目。
いよいよ十勝の冬バージョンに入った。
自然の厳しい十勝らしさ全開!と思いきや...

昨年秋、なつぞらの冬の映像はいつ撮るのがいいか、撮影の窓口になっている帯広観光コンベンション協会にNHKから相談があった。

協会側は、十勝は北海道でも雪の少ない地方で、ホワイトクリスマスにならない事もままあるので、1月下旬から2月に掛けてなら間違いなく一面雪野原になっていると思います!と返事をしていた。
生粋の十勝人である自分も、そうそう2月前後なら間違いない!と太鼓判を押していた。

あの撮影は1月26〜30日に掛けて陸別町や新得町で撮影されたのだが、この冬の十勝は記録的な少雪。一冬を通して積雪ゼロの日が続き、撮影当日も周辺の草地も枯れた草が見える状態での撮影で、通路や建物の屋根の下には僅かな雪を集めて、苦労して冬景色を演出していた。

現実の酪農現場では雪は邪魔者。稀に見るスッキリした越冬風景だったが...
しかし、この少雪は畑作農家に取っては功罪相半ばと言った所だ。例年ならば、雪割りをして野良芋を凍死させ雑草化を防ぐのだが、これは作業が省略出来てよかった。しかし長イモを春堀の為、畑で越冬させていた農家にとっては凍結深度50cm以上という事で、頭の部分は全て切り捨てなければいけなくなり、結果傷物ばかりとなってしまった。
撮影のみならず、農業が相対峙している自然とは、げに恐ろしいものだ。如何に上手に付き合うかが、プロのあり様だ。

さて、十勝人として気になるのが、この物語で、勝農や雪月の所在地は帯広だが、なつが育つ柴田牧場のある「音問別(おといべつ)」は何処なのかと言う事が興味深い所だ。

今日の映像の中で、なつや雪次郎は勝農へ、夕見子は帯広の進学校に行くと言う事でそれぞれ反対方向の軽便鉄道、トテッポ(十勝鉄道)にのる風景から比定出来るのではないか。
雪次郎が勝農とは反対方向の帯広にある進学校に向かう夕見子を見つけ、列車の窓を開けて叫ぶシーンだ。
私の様な古い十勝人なら、そのトテッポは帯広から南進し、記念碑前、日本甜菜製糖、勝農、川西、富士、そこから分岐し片や帯広川に沿って上帯広、広野、八千代迄。片方は清川、戸蔦まで延びていたことは誰でも知っている事だ。
さて、改めて雪次郎が反対方向に向かう列車の夕見子に向かって叫ぶシーンを思い出して下さい。
夕見子が通う進学校の有る帯広と、その郊外に有る勝農に向かうなつや雪次郎。
それは反対方向だ。

つまり、音問別は勝農と帯広の間に有る町だ。
ホント⁈
十勝の然も酪農がテーマの「なつぞら」
地元民ならではの楽しみ方だ!

LINEで送る
2019年5月 6日(月) 10:05

老境

病を得、半分療養生活を余儀なくされている昨今、辺りの風景を見るとも無しに漫然と目を開いている事が多くなった。

ホスピタルパークの小さなせせらぎを見ていると、60年以上にもなる昔の自分が見えて来る。近所の沢を流れる小さな川で、男の子はパンツひとつ、女の子はシュミーズになって、浅いその流れに腰を落として水の掛けっこをしたり、川底一杯に広がる真っ黒な「カラス貝(ムール貝のような)」を手ぬぐい一杯にして持ち帰ったり。厳冬期には長靴の底にガッチャスケートをつけ、スケーティングの真似事をしている、無邪気な自分だ。

ホスピタルパークの外周にはイロハモミジやスダジイと言った広葉樹が、程良い間隔で植わっている。その木立に見え隠れしながら走って行く路線バスがあるのだが、このバスを見ると幼稚園の頃祖父種治に連れられて帯広の街に行った事も思い出される。これも60年以上前の事。
ある時には日本書紀或いは古事記を映画化したものを見せてもらった。
ムラで大暴れするすさのおの尊がムラを追い出されるも、ヤマタノオロチを退治しその尾の部分からツルギを取り出す。その劔を携えて旅をすると、周りの枯れ草に四方八方から火をつけられるも、その劔で自分の周りの枯れ草を刈払い事なきをえる。
またある時は、天の岩戸に隠れてしまった天照大御神を歌舞音曲で扉を開けさせ、鏡に映った自分の姿を見ているところを手力男の尊に岩戸を開けさせ、陽の光を取り戻す
いずれも天皇の象徴である草薙の剣に八咫の鏡だ。勾玉玉の事は思い出せない。
街に出る度に、三平ラーメンを食べたり、伊豆屋のパンを店先で食べたりもした。今でも外食が好きなのはこの時からの習い性か⁈
ある時は何処かの個人宅を訪問した時の事。祖父種治は玄関先で「じいちゃんの事をじいちゃんって呼ぶなよ」と、今思えば謎の言葉をかけられた後、来意を告げるようにその家のその家の戸を叩いていた。
遠くを見る事が多くなった!

LINEで送る
2019年5月 1日(水) 18:53

どこでもdoor

077D44B7-68CA-4D02-B098-BA400083106D.mov
昨日平成が終わりを告げた。

平成31年4月30日、退位の儀に臨む、平成天皇
B005A815-DBC7-4188-BEDD-4E0234BF2E78.jpeg

そして令和元年5月1日、新天皇の即位
28506131-7DB0-43C8-9EFC-4431737B47B3.jpeg
放送各局がこぞって5月1日午前零時を持って、元号が平成から令和に代わると言う歴史的瞬間を特集していた。
NHKなどは年末恒例の「ゆく年くる年」をもじって、「行く時代くる時代」などと言う、駄洒落ともつかない番組を特集していた。中身を見ないで批判するのもどうかと思うけど、自身見る意欲が無くなったのも事実だ。
昨日までの「平成最後の...」から一夜明けると「令和最初の...」と大騒ぎ。
何か5月1日午前零時を持って何かが変わる、そんな風な空気感が日本中を覆っていたのだ。
しかし、過去の改元で見ると、文久、元治、慶応で徳川幕府の江戸時代が終わり、明治と言う近代が始まり、巷では「御一新」などと時代の変わり目が強調されてもいる。
しかし、例えば散髪脱刀令(髷を禁止した訳では無く髪型を自由にして良いと言う意味)が出されたのは、改元から4年後の事。
又、現在のような新戸籍制度や近代的学制が始まったのが明治5年。とそれぞれ数年を経て変わり始めている。
因みに、わたしから見て4代前の廣瀬卯右衛門は、明治45年に61才で亡くなるまで髷を結っていたそうである。
第二次世界大戦(太平洋戦争)も日本が降伏したのがS20年8月15日だけれども、その1週間前の8月9日に日ソ中立条約を破って千島や満州にソ連軍が攻撃して来て、その15日のポツダム宣言を受諾したにもかかわらず戦闘は終わらず、どさくさに紛れて15日以降に占領された北方四島の帰属問題を、未だに引きずっている。
平成から令和。明治維新然り、太平洋戦争然り。
豈図らんや。かく言う自分も、澤先生から「平成最後の入院で病状をリセットして帰られたら...」と言われ今回の検査入院となった。しかし、心配な部分も見つかり、結果、令和にまたがる入院となってしまったのではあるが。
つまり、すべからく人生や時代と言うものは、ドラえもんの言う「どこでもドア」にはならないんだなぁ。

LINEで送る
2019年4月29日(月) 07:52

今日のなつぞら

今日からいよいよ第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに」に入る。
今日の映像の中には、大鎌での草刈りや干し草積みの風景が登場。
撮影当日、新得の撮影現場に着くと、助監督達やADの皆さんが慣れないのに切れ味の悪い大鎌で100㎡くらい苦労して、刈り取り作業とフォークによる反転作業をを撮影できるよう刈り取っていた。
あそこの部分だけでも、エンジン付きの刈り払い機で刈っておけば良いものを...
さていよいよ撮影の段になると、男性の役者さんが1人足りないらしい。
すると、普段は忙しく走り回っていた助監督のY住さんが、みすぼらし農家の人の格好をして大鎌を持っているでは無いか。彼はそのシーンを担当している助監督から「おい、Y住、役者さん達の列の向こう端に行って、顔が映らない様に演技して来い」と檄を飛ばされ、撮影に加わっていた。

さて干し草の野積み風景ですが、これも私が指導した。
長柄のフォークは泰樹(草刈さん)や天陽(吉沢亮君)、菊介(小林隆さん)に、短いフォークは子なっちゃん(粟野咲莉ちゃん)や成人後のなつ(広瀬すず)には、それぞれ我が家で使い方を指導していた。
そして現場ではおさらい程度の指導だったけれど、結構サマになっていたと思います。

また、馬車で泰樹が手綱を握りなつが干し草の上に仰向けになり揺られて行く風景。自分自身も小学生の頃、干し草を収穫する作業を手伝った。ようやく全ての作業を終え、疲れ切った身体を干し草の上に仰向けになげ出し、馬車の心地よい揺れ。夏空に浮かぶ真っ白な雲は、形を変えながら流れていた。全く同じ状況を何度も経験しているので、遊びたい盛りの自分が厳しい父親に躾けられていた60年前の自分とオーバーラップして、思わずホロリとしてしまった。

LINEで送る
2019年4月28日(日) 19:46

なつぞら効果

なつぞらが始まり4週が過ぎた。
昨日は勝農演劇部に入った奥原なつ(広瀬すず)が演じる白蛇姫伝説の高校演劇大会の上演が終わり、おじいちゃん(柴田泰樹)が彼女たちの演劇の真意に気付き、農協組合員揃ってメーカーに牛乳を出荷する事を決断するところで終わった。
この4週間はS20〜30年代の酪農や我々勝農の演劇部についての描写が多く、同窓生は元より、同業者間で最も話題となっているところだ。
また、幼少期の主人公奥原なつ(粟野咲莉ちゃん)と柴田家家族との数奇な出会いと、温かな家族の一員として成長して行く姿に涙している者が続出!だ。
それら同業者仲間や知人などが、「なつぞら」のオープニングの映像の中に、酪農監修廣瀬文彦の名前を見つけ、あちこちから連絡をくれたり、同級生や知人同士で、私の名前が出ている事で盛り上がっているとの情報がどんどん入ってくる。
その中でも30年以上前に帯広畜産大学で開発した、家畜の移動レントゲン車の試験で、我が家の牛達を診てくれた、当時獣医学部助手だったA部さんからも、それ以来となるメールでの連絡を頂いた。
彼のメールには平成に入った頃、見学できるミルキングパーラーを新設した時から広瀬さんの人生猛ダッシュが始まり、酪農教育ファーム活動を全国的に立ち上げ、今人口膾炙している六次化の嚆矢となるジェラートショップウエモンズハートを始め、それらの積み重ねの結果として、広瀬アリス主演の「銀の匙」の撮影を手伝い、舞台ともなり、更に今回はNHKの朝ドラ「なつぞら」に深く関わると言う常人で無い活躍に目を見張っています。そして6月7日に予定されている酪農学園大学での公演を聴きに来てくれる!との事でした。
勝農の同級生のI山君やH松君などは、クラスの誇りだと迄言ってくれる。
色々迷いつつも酪農を必死に続けて来た事が評価され、人生稀有な仕事に携わる事が出来、本当に幸せな事だ。
これもオレにとっての「なつぞら効果」だ!
そして、オレがオレらしく生きてきたこの30年はまさに「オレの平成」だ。

LINEで送る