ホーム > ウエモンのよもやま話
オンラインショップ

十二代目 宇右衛門の廣瀬文彦が語る ウエモンのよもやま話

2018年4月 3日(火) 19:35

国民皆兵

現在、我が家の渡道100年記念誌を鋭意作成中である。

我が家にも数は少ないけれど、古い契約書や書籍が残っていて、アレヤコレヤと記念誌に載せられる様な情報が無いかひっくり返していると、戦時中の軍事教練の指導本が出て来た。

IMG_2362.JPG

父博昭が戦前、陸軍が入営前の青年に義務付けた国家総動員法に基づく青年団活動で使用した物だ。

2年ほどの後上京。東京の旧制麻布中学校に編入し、三年弱過ごす間配給の食料は少なく飢えとの戦いでも有り、また銃後に有りながら米軍B-29爆撃機の撒き散らす焼夷弾との戦いでもあった。

父博昭は兵隊検査では甲種合格。20年12月には赤紙招集の予定。しかし、8月15日には連合国に対して無条件降伏!(終戦と言う言葉に置き換えるのは如何か...)

その時18才の青年博昭は、宮城遥拝所で敗戦に嘆く市民からは非国民と罵られようが「バンザイ!これで死ななずに済んだ!」と大声を出したい衝動に駆られたそうだ。

「ルーズベルトとチャーチルが居なければ第2次世界大戦は起こらなかった」と言った本が上梓されるなど、当時の歴史の見直しが進んで来ている。その本の言を借りるなら、アジアの黄色人種の小さな国家の台頭を嫌い、戦う必然性の無い戦争を惹起し、その戦いで300万人以上の若い兵士が命の無駄遣いを強いられた。そんな時代に青春時代を送り、3月10日の大空襲にも命永らえ、すんでの所で米英に降伏!その命がまだ続きいま現在91才の命の火を灯し続けている。

LINEで送る
2018年4月 1日(日) 20:36

助っ人

我が家の農業及びウエモンズハートの会計事務もいよいよ正確さが求められる様になって、我々高齢者にとっては非常に悩ましい問題だ。
しかし我が家には公認会計士がついていて、非常に心強い。
今日は給料計算のプログラムを構築し、その使い方のレクチャーして貰っている店長。
IMG_2360.JPG
画面を見ながらの説明でも、懇切丁寧に分かりやすく説明を受ける
IMG_2361.JPG
有難い事だ

LINEで送る
2018年3月30日(金) 09:03

十勝の春

JAL573便にて帯広空港に到着する三男を、迎えに車で家を出ると、待ちかねた風景が目に飛び込んでくる。
IMG_2356.JPG
剣山の白と半年ぶりに畑から顔を出した土の黒とのコントラストが眩しい。
IMG_2357.JPG
生まれて此の方65度迎えるこのシーズン。いやというほど見ているけれど、飽きることは無くワクワクと胸が踊る。

LINEで送る
2018年3月28日(水) 07:04

伝染病

我々の業界紙日本農業新聞第1面に又嫌なニュースが載っていた。
IMG_2354.JPG
我々酪農家に取って、最も怖れる偶蹄類の伝染病口蹄疫が又韓国で発生したようだ。
農業高校の授業で法定伝染病の一つとして習ったことは有ったが、平成22年に宮崎県で発生。その発生農家から半径10km以内の偶蹄類即ち牛と豚が無差別に何十万頭と殺処分されるのを目の当たりにし、その伝染病の恐ろしさを再認識させられた。
しかしその迅速な対応により、その後1年間再発生が無い事を確認して、国際獣疫事務局から再び清浄国の認定を受け、家畜の移動制限も解除された。それ以来我々生産者を始め畜産関係者の努力で発生は一度も無い。
翻って韓国だ。
彼の国でも同じ年に発生していたが、その対応が杜撰で再発を繰り返し、清浄国指定を返上出来ず汚染国のまま今日のニュースとなった。
同国の食糧自給率は10%台。という事は、食料の輸出は鼻からする気も無く輸入一辺倒。穿った見方かも知れないが、汚染国のままで何の問題もない。
翻って今日本は経済成長の一つとして、インバウンドの増加を目指している。つまり国の方針は、汚染国か否かは問題外。来るものは拒まずだ。
この伝染病口蹄疫は強伝染性なので、我々畜産農家は持ち込ませず、持ち込まずを墨守させられている中で、"ウエモンズハート"や"十勝農学校"の活動が大いに制限され、迷惑この上ない。

LINEで送る
2018年3月24日(土) 09:01

サプライズ

還暦祝いは我々兄妹夫婦の恒例となっている大事なイベントだ。
上京前日だから、18日の夜の事。
昨年10月、今年3月と続けて2人の義弟が60才を迎え、その還暦祝いを市内のレストランで二人ひとまとめに行なった。IMG_2325.JPG
その後妹夫婦の家に移動し、二次会。
ケーキ有りお花有り。その還暦祝いのケーキには還暦を迎えた義弟二人ひとまとめにして入刀。そして2人してロウソクの火も消して貰う。
IMG_2323.JPG
ひとまとめ、と言うと何だかこのイベント自体義理かなんかで面倒くさそうに聞こえるでしょうが、さにあらず。オレが病弱となり入退院を繰り返し、日程が定まらずこの日になってしまった。
ひと通り大騒ぎした後、もう一つお祝いだよ!と妹達が言い出した。
何かな?と思っていると「にいちゃん、おねえちゃん結婚40年おめでとう!」と来た。
我々が40年になる事は気がついていたけれど、皆で祝ってくれるなんて...
IMG_2320.JPG
とっても嬉しい、サプライズ‼️だった。

LINEで送る