ホーム > ウエモンのよもやま話
オンラインショップ

十二代目 宇右衛門の廣瀬文彦が語る ウエモンのよもやま話

2021年7月25日(日) 07:00

訃報

 昨日の道新だ。
えっ。忠行が死んだ?7FA5093C-913A-414A-A1CB-EDB92B3BCD20.jpeg
遠軽町若松。
69才。
間違いなく酪大(耳で聞くと、落第に聞こえるが...)の同級生の忠行だ。
彼も親の代からの牛飼いだ。
奥さんを農夫肺(牧草のカビを吸い続ける事による肺機能の低下。ロールベーラーが多くの酪農家で導入が進むと、多発する様になる。牧草の乾燥具合が足りないとカビが生え、給与作業者は毎回そのカビを吸い込み続ける事で発症する。)で亡くしている。もう17年も前の事になる。

 自分の学生時代の仲間は、良くも悪くも感情を直截に表す間柄で、現在も言いたいことを言い合い付き合っているが、忠行は飲み会でも、話し合いの場でも。その一歩外側に付かず離れずに行動している男だった。例えるなら地球から一定の距離を置いて周回する月の様な存在か!

 そんな忠行と偶然に会ったのが、1977(昭和52)年12月(25才の時)カナダのトロントで開かれていた農業の祭典ローヤルウインターフェアーでの事だ。
乳牛版ミスユニバースをメインに見に行った物だが、大型バスでメモ用のバインダーを首から下げた子供達がゾロゾロ降りて来るでは無いか。
なんで子供達が⁉︎と思い、ついて行くと(ストーカーじゃ無い、決して!)その会場には羊、山羊、ブタ、ニワトリなどの小動物や色々な農作物の栽培展示、小農具など農業関連の物が様々展示してあった。
そこで子供達は夫々のブースの担当者に質問したりメモを取っていた。

流石農業大国カナダ。子供の頃から農業関連の勉強をするのか!と驚きつつ見入っていると、背後から「おい、広瀬じゃないか!」と声をかけられる(ハーイ、ヒロセ!なんて言う英語では無く勿論日本語で)。
驚き振り向くとそこには「忠行」が立っているではないか⁉️
久しぶりでしかも異国の地で邂逅する奇遇にお互いビックリ。
その夜は2人でトロント市内のバーを2軒ほど飲み歩いた。同級生とは言え、こんなに長時間、忠行と向き合って話しをしたのは初めてだった。
 
 直後はお互いの家を訪問し合うが、矢張り自己主張の少ない忠行。年賀状だけの付き合いになり、奥さんを亡くしてからはそれも途絶えがち。
風聞で、忠行は癌を患っている事は聞いていたが、とうとう亡くなってしまった。それは食道癌で見つかった時には手が付けられない程進んでいたらしい。
又一人、友人が逝った。
  合掌

LINEで送る
2021年7月21日(水) 19:51

スクープ映像

 5月25日に小欄でアップした、クマ撃退音発生装着を設置した話しだ。
7月1日夕方にそのクマの映像が撮れた。
E584F007-758B-4E69-AA28-D29060013FA4.jpeg
F10514C9-F334-4A05-BA28-489E4156F7BE.jpeg
7E270AFF-1DCB-438D-9E54-EBE7E6F5C09F.jpeg
7D35E5A4-B7EA-4346-AA2D-FF7488451EA7.jpeg
設置業者から約1分半程の録画を送ってもらい、驚きと感動の気持ちで見た。
そして、そのままアップしようと思ったら、自分の技術ではこのブログに載せられ無かったので、静止画を上げて見た。
クマが悠々と歩いているので不思議に思ったら、センサーの指向外に現れた為、撃退音と言うか忌避音が鳴らなかったらしい。
 扨、明日24日、我が家ではこのクマの出没地点から僅か100mと離れていない博昭山荘で、同朋寺住職の読経の下地蔵盆のお参りをする予定なのだ。
B2E11432-2EF7-4081-9A4B-8E9BE1A7792B.jpeg写真が博昭山荘の遠景。この写真の左手後方から山荘に至る林道脇で、クマ動きが撮られたのだ。
実物を見せつけられると、何というか、尖閣近海に現れる大型機関砲を装備した中国海警局の船と日本の巡視船か、はたまた竹島で、ライフルを肩に常駐する韓国軍を彷彿とさせる。
クマさんはこの地で家族子供が食べて行ければ何の問題も無いだろう。翻って老父博昭は童謡「ふるさと」に唄われている心境でさんそうに通っているのだ。
話し合いが出来ればなぁ!
日中、日韓関係の様に悪意ある対立では無く、クマさんとの共生が上手く行くように願うばかりだ。

LINEで送る
2021年7月19日(月) 09:42

37.1℃

 昨日の帯広の最高気温は37.1℃でした。
道内の最高は足寄町の37.5℃だった。
ウエモンズハートでは合わせて日曜日でもあり、大忙しで嬉しい悲鳴でしたが、今年3月に入れ替えたショーケースの温度が−1℃以下に下がらず柔らか過ぎてコーンに盛ってもすぐ溶け出し、お客様に多大なご迷惑をかけてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
今日も朝からホシザキさんの保守の方が見えて調整して貰ってます。
今日は予報では34℃と昨日より幾分低そうですが、まだまだこれからが夏本番です。ショーケースもきちんと整備し、万全を期してお客様ご来店をお待ちしています。
 因みに過去の最高気温が我が家の車庫の壁にチョークなどで記録してありました。06446A04-8DD4-4D04-A1B4-81714141A6AF.jpeg
7435E392-F890-4C57-92B6-BC38C8C0C562.jpeg
37℃38℃を超えるのはここ10年くらいの事か!

LINEで送る
2021年7月17日(土) 13:20

心無い仕儀

 自然をこよなく愛する老父博昭。
ここ20数年、上札内に山林を購入し、植林、育樹に余念が無い。80才を迎える15.6年前から重機を頼んで管理用の林道を整備し、車で見て歩くのを楽しみに自分の出かけるのが常だ。
先月6月下旬に、父と2人で出かけてきた。
管理用の林道に差し掛かると......
⁉️。あれ林道の入り口から道沿いに笹や野草が枯れているではないか!なんだこりゃ。
29BDE1E3-3F38-485D-8E1F-BE9104533BF0.jpeg
林道に入り込んで見ると85F0CA91-AF08-4C37-8650-AB4912CE6B82.jpeg
00FF70BA-C823-43DF-9F45-D5973E5AB238.jpeg
その林道が草に覆われているので、除草剤散布時、道を間違えない様にする為か、道の両脇に立つカラ松の幹に、ご丁寧に赤いスプレーで目印がつけられていた。690E833C-D8B7-4668-BB4F-6B3D14D6EA51.jpeg
扨、誰がどんな目的で断りも無くこの様な仕儀に及んだのか⁈

振り返るとこの林道を開鑿直後から、バギー車で走り回って出来るであろうタイヤ痕が林道のカーブの至る所に残っていて、老父が軽トラで行くと、腹が支えたり埋まってしまいそうな状態だ。
何台かでレースでもやっていて、コースを間違えない様に、或いはバギー車を走らせる際、草で顔を打たれない様にする為にか、除草剤を撒いたものだろう。
これを発見したのは、沖縄に向かう直前の7月1日の事だが、昨日7月16日再び訪れると、もう一本の林道にも除草剤が撒かれているのを発見。
そこには、スプレーヤーを装着して走ったであろうトラクターのタイヤ痕が残っていた。
6F6611DE-FABF-4649-83F8-3EE6742CD1DC.jpeg
76EBC2B1-5F1A-40F8-BF0A-AC9DF44E738F.jpeg
毎年雪解けと共に草木の芽吹きを楽しみ、タランボ、ワラビ、ゼンマイなどの山菜を採る。そして山小屋博昭山荘の周辺整備に余念がない。
クマとの突然の邂逅も楽しみ、他人が山菜採りに入り込んでいても、有り余る量なので、大歓迎だ。
そんな老父博昭の愛する山林に除草剤を散布とは。
許されない事だ。

LINEで送る
2021年7月10日(土) 19:03

奄美、残り2日

 奄美に到着した4日翌5日と2日間、久倉夫妻にしっかりと案内して頂いた。
そして6日。リゾートばしゃ山村の311号室からの眺め。午前5時20分の日の出前なのにもう海は、南国色。22EC20AE-DF9B-47F9-BA77-2AC26639B43D.jpeg
昨夜は、明日1日ノンビリと白いサンゴの砂浜を散歩しようかとも話していた。青やエメラルドグリーンの海を眺めていると、奄美の綺麗な海を探しに出かけたくなり、急遽レンタカーを借りる事に!
コースは奄美空港に近いばしゃ山村から名瀬へ。
名瀬からは東シナ海岸沿いに車を走らせる。
ABB8CF52-FECF-4BC4-9C5C-021FA86C16DB.jpeg
F18F0A25-84EB-4A4A-9119-D020AA533921.jpeg
98E765F7-63C9-448D-A595-80A37F9CA9F3.jpeg
FDB570DC-A62E-4668-897A-BC86AF56D261.jpeg手頃な砂浜があったので、靴下を脱ぎ捨て海水に!水温は20℃くらいか⁈冷たさは全く感じられず。
F3AC2CAA-18C5-42DB-B87A-A81C0745CFDD.jpeg
奄美最南端の古仁屋港に。
ジェラートには目ざとい家内。
港に程近くに見つけ、早速ジェラートを頼む。
3CAADE74-9D6D-4A0E-A9A1-A41EBA126EC7.jpeg
満面の笑み。この後、ポッペタが落ちないか心配。
32ADADA2-1D22-4727-8FD5-016E19C5BF5B.jpeg
古仁屋からは国道58号を一路北上。名瀬から宿泊しているばしゃ山村を目指す。
古仁屋から名瀬までは70余km。
行きの東シナ海側は山や入江、或いは沢を迂回しながらの曲がりくねった道路のため、古仁屋まで約4時間強のドライブだったが、帰りの58号は幹線道路として整備されているので、ほぼ1時間で名瀬に帰着。時間があるので半島を少し迂回してみる。
その夜は久倉夫妻を招待して、ホテルでバーベキュー。オリオンビールの生もいただき、話しに花が咲く。
そして翌日。
午前11時。
久倉さんの友人の祈(いのり)さん
4006F215-917D-49BE-8916-376A7C7FBEC1.jpeg奄美空港まで送って貰うが、搭乗時間に余裕があった為、270度の広範囲の海が見えるあやまる岬まで案内して貰う96CA1A83-68C1-4B65-9EC6-288E77CE1DFD.jpeg
こうして沖縄、奄美の旅は終わりを告げた。

LINEで送る