ホーム > ウエモンのよもやま話 > 野性動物との共生
オンラインショップ
2021年5月25日(火) 22:25

野性動物との共生

 上札内に所有する山小屋博昭山荘付近では、ここ数年羆の出没が目撃されている。
自分自身もヒグマの糞を2度程確認しているし、父親も"ポツンと一軒家"を出て100m程進んだ処で、ヒグマを実際に目撃したいる。
以下の写真は広瀬牧場所有の山林内を走る林道脇。昨年7月10日に走行中、右前方に何か見慣れない黒い物体が⁈C4DADF21-03B0-4859-B195-5E595F846D6F.jpeg
近づいて確認して見ると、どうもクマの糞だ。6741820E-FF70-4FA0-8C73-73E65012C8C3.jpeg更に数年前にも近くの林道で見ている。父親が言うには、付近は昔からクマの巣と言われている場所で、今迄出会わなかったのが不思議なのか。
と言う事で、昨日、クマやシカの接近を防ぐ為、野性動物の嫌がる音を発生する装置の実験機を設置した。6A22F729-978A-4365-B165-EAF0B08E05ED.jpeg
午後一で早速設置開始。5A6E7069-2BBC-4D0A-A792-77F9021AC547.jpeg
BOX内はバッテリーやリレー機器が入っている。
設置後の姿。一番下にはソーラーパネル。0B2CCA84-1533-4F7C-95C1-9EAD0E50197C.jpeg
上部の黒い箱は野性動物が嫌がるであろう重低音を流すスピーカー。下の方の白く丸い電球様の物体は周囲の動く物体を見つけるセンサーだそうだ。1682684F-33DE-4BC5-823E-F9A137ECE76D.jpeg
これにはタイマーが付いていて午後3時〜翌午前9時迄起動させる仕組みのようだ。
月一の頻度で録画を確認するそうだ。
「その重低音は、矢張りクマの生態研究から確認された音域なのかね」と聞くと「音を聞いて、逃げるか、向かってくるか、はたまた無視されるか全く分かって居ないとの事。」
野性のシカやクマによる農作物の、所謂鳥獣被害がと共に、人が被害を受けたとの報告が増えている。
 人間と野性動物の穏やかな共生が願われる。

LINEで送る