ホーム > ウエモンのよもやま話 > 外来雑種
オンラインショップ
2020年10月29日(木) 17:17

外来雑種

 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)と言うらしい。0B5ACDBF-6416-4CA3-8F14-FDDC4563EC9E.jpeg
80BB708A-0587-4CFB-9F6E-F9551BA3B2C6.jpeg
0333E61C-1726-41CE-AB39-F8F7B1E76879.jpeg
我が家の庭に人の背丈くらいになり、ブドウの様に紫の実が成っている雑草がここ数日目につく様になっていた。両親に聞いても知らない⁈との返事。
実を噛んでみようかとも思ったが、腹痛でも起こしたら困るので、控えた。
ネットで「広葉雑草」「ブドウの房状の紫色の実」で調べたら直ぐに「写真と共にヨウシュヤマゴボウ」との名がでてきた。
外来雑種で多年草。葉や根には有毒物質が多く含まれ、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が出るらしい。紫の実は毒性が殆ど無く、小鳥達が喜んでついばみ、至る所に種が広がり、植勢を拡げているらしい。
セイタカアワダチソウと同じで、十勝の在来雑草を駆逐してしまうのでは...
キレイだなんて言っていないで、駆除し無ければいけないんだ!

LINEで送る