ホーム > ウエモンのよもやま話 > 帯農1年D組
オンラインショップ
2020年10月 9日(金) 17:49

帯農1年D組

 本題に入る前に...
夕べ、中川大志君がコロナの陽性が判明したとの事。
中川君といえば、「なつぞら」で広瀬すず演ずる奥原なつと結婚するイッキュウこと坂場一久君だ。陸別の撮影現場では「廣瀬です、よろしくお願いします」と声を掛けると「廣瀬さんですか、目黒のブルーコーナーではウエモンズハートのソフトクリーム美味しく頂いています。実は玉木宏さんには良くして頂いているんです!」と快活に話しをしてくれた。なつぞらの夫婦役が相次いでコロナ陽性とは...お二人の早い快癒お祈りします。
 扨、今日午後、帯農の1年生40名が広瀬牧場とウエモンズハートを視察に訪れた。DD966750-C36A-4757-90C5-001C0B1728D2.jpegクラスは1年酪農科学科、通称1年D組。
今世間から注目されている六次化の先進事例として、見学に訪れたものだ。
 帯農D組と言えば、自分自身1967年昭和42年に入学、履修したクラスで、最も思い出深いクラスだ。我々が入学する前年まではZ組畜産科だったものが、学校制度の改編で道の後継者養成高校に指定され、1年生全員が入寮し朝早くから農場実習が義務付けられた。学科名も酪農科に変更。それから半世紀以上、53年もの歳月が流れているが、なんともはや自身歳を取るはずだ。53年前の先進事例って何だったかな。30頭、40頭繋げるキング式牛舎で敷きわらをたっぷりと入れ、尻には鎧の付いていないピカピカの牛が並んでいた。2階にはベーラーで梱包した牧草がうず高くつまれている。その頃は「目指せ8桁農業」が合言葉だった。8桁とは年間売り上げを10,000,000円にする。その大台に乗せるためには多頭飼育の方法を学ばなくては、と、尻を叩かれたものだ。
 さて現在は六次化を導入して9桁農業をめざしているのかなぁ⁈
後輩達に「六次化、甘く無いぞ!」と言う話しをしておいた。
2時間の見学途中、アイスブレイクだ。先生から全員トリプルでいいぞとと言われ、大喜び。46819488-F790-4323-AC4A-C00A75415413.jpeg
931EACB8-BC9D-4536-9A08-EE9FBE1126D1.jpeg
 4F7D2BE1-0484-457F-9F38-A387F1CFD323.jpeg
オレの話しをどれだけ記憶してくれているのかなぁ?ま、ジェラートの味とともに、広瀬牧場って言う所にも行ったっけ、と思い出してくれれば良いが、今もう潰れちゃって跡形も無い⁈なんて...
 所で、53年後の後輩を目の当たりにして気がついたのだが、クラスに当たり前のように女の子が十数名いた。
時代が変わった‼︎

LINEで送る