ホーム > ウエモンのよもやま話 > きくち君
オンラインショップ
2019年6月 4日(火) 11:24

きくち君

昨日夕方体験教室内で、7日に実施する酪農学園大学の実践酪農学での講演資料を整理していた時の事だ。
店を手伝ってくれている妹が、電話で私が事務所にいる事を確認し「きくちさんと言う昔の同級生が訪ねて来てますよ!そちらに行って貰いますよ」と言うではないか。
「きくち⁈ん?キクチ?オレも人生長いのでキクチと言う知人は2〜3人いる事はいるけど...
そんな事を考えている間に事務所のドアが開いて「こんにちは⁈キクチです」と自信無さげに頭の禿げた初老の男が入ってきた。
0A418D31-1BBB-4E6A-88EB-3A0E845FB9BF.jpeg
写真では、オレの左隣の男性だ。
「昔この近くに住んでいたキクチです、多分あなたと同級生の筈です」
アッ!想い出が蘇った!小学校2年生位まで一緒に通学し、その後家族と一緒に福岡に移住したキクチオサムくんだ!
60年振りなのでハゲた頭や姿形では、当時のキクチくんとは全く結びつかないけれど、学校から一里ある道のりを一緒に、ランドセルを背負ったまま休まず家まで走って帰ったり、キクチクンの家にも1、2度遊びに行った記憶が今でも鮮明に残っている。
しかし当のキクチくんは、オレの事は全く記憶にないそうだ。
写真では前に座っている女性が私の叔母と同級生で、6年生までここで生活していて、この部落の人たちの事が記憶にあり、訪ねてくれた。
先日は50年め後輩になる農業高校生と一緒に F FJのうたを歌ったり、今日は60年振りに同級生が訪ねてくれたり...

♪思えば遠くへきたもんだ...

LINEで送る