ホーム > 宇右衛門の心 > 本店からのお知らせ > クリスマスリースの由来
オンラインショップ

ウエモンズハートからみなさまにお店やリバティヒル広瀬牧場の毎日や新作のお知らせ、お得な情報・催事情報などをお知らせします。


2021年12月25日(土) 17:35

クリスマスリースの由来

今宵は聖なる夜クリスマス。

クリスマスの飾りつけと言えば色々ありますが、

ウエモンズハートには通年通して

色んな形のリースが飾ってあります。

IMG_3311.jpgIMG_3314.jpg

ウエモンズハートの店内には店長が集めた

いろんな種類のリースが壁に飾られています。

花や木の実、葉、枝など...。

先日ご来店されたお客様も好評をいただいたので、

少しばかりリースの由来に関してうんちく小話をさせていただきます。

IMG_3312.jpgリースの起源は古く、古代ローマ時代に遡ると言われています。

リースとは花や葉で作られた装飾用の輪で、

ローマ人がお祭りやお祝い事で冠として

身に着けていました。

冠は太陽の象徴で、ローマ人にとって特別な物。

古代オリンピックでは勝者に月桂樹のリースが贈られたり、

葬儀の際には石棺に取りつけられたこともあったそうです。

IMG_3313.jpgその後各地で広まると、常緑樹で作られるリースが

生まれ豊穣繁栄の象徴的存在となり、

冬至や新年などで使用されました。

時代を経て、リースがキリスト教にも

取り入れられるようになり、柊(ヒイラギ)で

作られたリースはイエス・キリストが十字架に

かけられた際に被っていたいばらの冠を象徴するとされ

クリスマスリースとして飾るようになったという説があるそうです。

IMG_3318.jpg諸説はありますが、クリスマスリースはヨーロッパの

土着的信仰がキリスト教と融合したものであり、

魔除け」「永遠の愛」「豊作祈願」の意味合いより

玄関ドアに飾られることが多いようですね。

空間演出として、インテリアとして楽しめるリース。

クリスマスにはぜひ雰囲気作りとして

クリスマスリースを飾り、良い聖夜をお過ごしください。

♪ ♪ ♪ ♪ メリークリスマス ♪ ♪ ♪ 

 

 

冬期休業.png今年の店頭販売の最終営業日は12月26日です。

休業中は電話・FAX・オンラインショップにて

ジェラートのカップアイスのお取り寄せ、発送を承ります!

ウエモンズハートをこれからもよろしくお願い致します♪

LINEで送る

2022年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

最新記事

カテゴリー