ホーム > ウエモンのよもやま話 > 早起き
オンラインショップ
2017年7月21日(金) 06:19

早起き

すっかり怠け者の朝寝坊になってしまった。
然し、今朝は4時過ぎに目が覚め帯広より30〜40分遅い夜が明け始めた。そしていつもになく早い時間に顔を洗い髭を当たる。
部屋に戻って外を眺める。名前は分からないけど柔らかな曲線を持つ山並みが重なって見える。
IMG_1022.JPG
眺めていると、暑そうで敬遠して居たホスピタルパークにいきたくなる。今回入院して以来だ。
パーク前の自動ドアが開くと、「ウワッ、何とヌル暖っかい!空気が肌にへばりつく‼︎想像以上だ!」それ以上に凄いのが集団で羽を擦るセミ?の声だ。ジッ、ジッ、ジッとシャー、シャー、シャーとかジャー、ジャー、ジャーと全くのどかと言った状況にはほど遠く、サ行やザ行の頭で始まる耳障りな騒音だ。イヤ喧騒だ!
そんなホスピタルパークに出てみると、おお懐かしい、彼岸と此岸を悟らせてくれた花が弱々しくなって最期を迎えている。
IMG_1023.JPG
盛りの頃は...
IMG_0818.JPG
植樹されたばかりの木も何とか根付いている。
IMG_1026.JPG
移植直後はこうだった。
IMG_0852.JPG
喧騒の中のホスピタルパークを進んで行くと、池のコイを飲み込んでいたペリカンの様な大型の鳥が居たとの看護婦証言を裏付ける様に、アオサギがコイの池に舞い降りて来た。
IMG_1025.JPG
どう見てもおれの顎とは明らかに違い、スマートだ⁉︎
看護婦が目撃したのは、アオサギが池のコイを呑み込む寸前だったと言うところか⁈
現行犯だ!
ヤジ馬ならぬ、ヤジバトもご機嫌伺いに来る。
IMG_1028.JPG
久しぶりのホスピタルパークは懐かしいけど、道産子にとっては早朝からのヌル暖かさはかなわん!早々に病棟に戻る。
まるで軽井沢の様な避暑地の様な病棟...

今日は個室へ移動。
手術まで後4日...

LINEで送る