ホーム > ウエモンのよもやま話 > 阪大だよりー木を見て...
オンラインショップ
2017年6月10日(土) 06:41

阪大だよりー木を見て...

帰省まで後数日だ。 考えて見ると、一ヶ所での此れ程の長逗留は酪農実習以来だ! いや、そんな事は無いか⁈ 禁足状態の毎日を癒やしてくれたのが可愛い看護婦!では無く、ホスピタルパークの木々のミドリだ。どうだ意外だろー! 木々にはネームプレートがぶら下がっている。(阪大林業学科のサービスか)大阪暮らしも後わずか。それらを紹介してみよう。 先ず、アラカシだ!ドングリも生るらしい。次回入院が楽しみ⁈ IMG_0819.JPG 次はケヤキ。漢字だと「槻」。芦屋の友人は「つき」様だ。舞台栄えする。 IMG_0831.JPG画面に入りきらん。 そして...イロハモミジ。小ぶりな葉っぱが奥ゆかしい⁉︎IMG_0832.JPGIMG_0834.JPG ミモザ。...の香り。何かの宣伝で聞いた様な?喬木で大豆の様な豆の莢が付いてる。IMG_0835.JPGIMG_0837.JPG これはオタフクナンテン。木全体を見ると、下ぶくれのオタフク顔⁈IMG_0840.JPGモンスターにも... その他いろいろ有りますが省略し、最後にIMG_0826.JPGIMG_0827.JPG名前見た?スタジイ!スタバックスの看板ジイさんで、スタジイ⁇カーネルサンダースおじさんじゃ無いけど... 阪大病院に入院してこの方、周りの豊富な緑に感激していて目も心も洗われた。しかし、何か違和感が...... そうだ、針葉樹が一本も無い。木を見て森を見ずか!総合的判断力が落ちたものだ。 しかし、心のふるさとにいる様な安心感がある。
LINEで送る